上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニコンピュターエンターテイメントジャパン(SCEJ)から「アドホック・パーティー for PlayStationPortable」βバージョンサービス開始時期延期というニュースが舞い込んだ。
詳細はこちら

当初10/30からサービスを開始ということだったのが、サービス開始目前の今日いきなりの延期が発表。11月上旬にずれ込んでしまった。ちなみにこのサービスというのは、今現在のPSPの仕様としてアドホック通信の対戦または協力プレイができるのだが、これはPSP間の通信は近くにいる者同士での通信プレイに限られている。今現在、XLink Kaiの通信接続環境において、仮想アドホック通信を使い(正式な名称はわからないのですいません。)離れたプレイヤー同士をPCのネットワークを通じ、さも近くにいて通信プレイをしている環境を作り出して、通信プレイをすることができている。このXLink Kaiの通信プレイはいまやモンスターハンターポータブルにおいては、日々、世界中のプレイヤーが行っている。しかし、この通信環境はあくまでも非公式であり、公式側においてはグレーというか黙認しているという状況だ。

しかし、ここでSCEJが先の東京ゲームショーでPSPとしての公式通信環境としてサービスを行うと発表。これが、アドホック・パーティー for PlayStationPortableである。しかし、敷居は高い。なんせ、PSPユーザーであり、尚且つインターネット接続環境のあるPS3ユーザーという環境において成立する通信環境だからだ。今現在のXLink Kaiの通信環境はインターネット接続環境にあるPC所持、そして無線アダプターないし無線LANを搭載するPCに限られている。PS3所持者、PC所持者を比べればその差は歴然だ。

後発となるSCEJのサービスであるがこれは公式であり、初のサービスという事になるわけだが、もしSCEJがこのXLink Kaiのサービスに勝てる要素があるとすればそれは、通信環境の安定性だろう。前回のXLink Kaiでのプレイでも触れたが、XLink Kaiの通信環境においては、かなり不安定と言わざる得ない状況が続いている。私はたまたま、先ほどのPSPユーザーであり、PS3ユーザーでもある。そしてインターネット接続環境下にある。無論、アドホック・パーティー for PlayStationPortableには期待していた。今回のこのニュースの延期発表は残念だった。

by gen

Theme : モンスターハンターポータブル2ndG

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。