上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターハンター4の新要素の中に「狂竜ウイルスの秘密」というのがあった。
狂竜ウイルス?ウイルスタイプのモンスター!?では、ないようです。
「狂竜症」というウイルスに感染した、モンスターがいるという。
いったい、どんなモンスターになってしまうのか?


狂竜ウイルスに感染しているモンスターから攻撃を受けると、ハンター自身も狂竜ウイルスに感染してしまう。
感染ゲージが表示され、時間経過+モンスターの攻撃によりさらにゲージが増加。
ゲージが最大になると、「狂竜症」が発症してしまうのだ。

「狂竜症」が発症してしまうと、自然回復ゲージがなくなってしまうという、恐ろしい状態に・・・。

狂竜ウイルスに感染したモンスターと対峙した時はデメリットだけではないらしい。
「狂竜症」を発症する前に、そのモンスターに攻撃を繰り返せば、ウイルスを克服することができる。
さらに、克服したハンターはパワーアップし、使用武器の会心率があがる。
ということは、わざと攻撃を受け、ウイルスを克服状態にして、モンスターを倒すなんていう戦略もできるのでは!?
それでも、やっかいなステータス異常なのには変わらない。特に自分は気をつけないと・・・。

Theme : モンスターハンターシリーズ

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。